「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

ストレス対策おすすめBEST5!ストレスケアが上手な人の特徴は?

ストレス対策おすすめBEST5!ストレスケアが上手な人の特徴は? 暮らし

お疲れ様です。

ストレスをケアできていますか。

この記事では、ストレスを溜めがちな方に向けて、どのようにストレスを解消すればよいかおすすめの方法を5つご紹介しています。

私たちは日常生活を送る中で、多かれ少なかれストレスを受けて生活しています。

また、ストレスに対する許容量も十人十色です。

ストレスを受けずに生活することは難しいので、いかにストレスをため込まないようにするか、ストレスを解消していくかが大切になります。

でも、ストレスをため続けてしまったり、疲れすぎていると、どうすればストレス解消できるのかわからなくなることはありませんか。

どのように対策したらよいかわからなくなったら、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

 

ストレス対策おすすめBEST5

ストレス対策にはどんなものがあるのか5つにまとめました。

体を動かしたほうがリフレッシュする人もいれば、ゆったりとした時間を過ごしたほうが癒される人もいます。

ぜひ、ご自身にどんなストレス解消法が合うかイメージしながら見てみてください。

 

ストレス対策① 思いっきり体を動かす

体を動かすことで、気分がスッキリする効果が期待できます。

ランニングなどの激しいものではなく、ストレッチやウォーキングでもOKです。

運動することで得られる効果は以下の通りです。

  • 運動に集中することで、自分自身の体の状態に注意向け、内観できるようになる
  • 注意を切り替えることで、悩んでいることの盲点に気付く
  • 汗をかくと、幸せホルモンのセロトニンが分泌されるので気分が良くなる
  • 心拍数が増えて血流量が上がることで、脳の機能が向上し、悩みの解決の糸口がみつかる
  • 重力に逆らうことで脳の血流量があがり、体が内部から温められて心地よい気分になる

 

ストレス対策② ストレスに効く栄養を摂る

規則正しく、栄養バランスの良い食事をとると、体の免疫力が向上し、ストレスや病気への耐性を高めます。

おすすめの栄養素は以下の通りです。

  • カルシウム:イライラに効果的。牛乳、小魚など。
  • ビタミンB1:糖質代謝を促進する。豚肉、ほうれん草など。
  • ビタミンB12:自律神経を整える。卵、海苔、レバーなど。
  • ビタミンC:イライラ解消のホルモンの分泌を促す。抗酸化作用もある。レモンなど。

 

ストレス対策③ 自律神経を整える

自律神経を整えるとは、緊張をゆるめ、リラックスして、副交感神経を優位にするということです。

リラックスするためにおすすめの方法は以下の通りです。

  • お風呂に入る
  • おもいっきり「はぁあああああああああ」と体の中の息を吐きだす。
  • アロマテラピーで好きな香りをかぐ
  • 自然や野生に触れる

動物を飼うことは野生に触れることになるので、彼らはそばにいるだけでとても貢献してくれているのです。

 

ストレス対策④ 気分転換をする

今までのは気分転換じゃないのかと言われそうですが、4つめは気分転換をすることです。

気分転換をするとは、一言で言うと、非日常を味わうということです。

旅行に行ったり、携帯の電源をOFFにして勝手に反応してしまう通知をシャットダウンするとか、ありとあらゆる手段で日常から離れてみてください。

私は個人的にこの方法が一番ストレス解消になります。

 

ストレス対策⑤ 質の良い睡眠をとる

睡眠が不足していることはそれだけで大きなストレスになります。

私は、会社から指定された期限内に資格を取ろうと思って睡眠時間を削りまくった結果、起きている状態にいることに努力が必要で、体を動かすための呼吸が苦しくなった経験があります。

寝ている間には、頭の中の記憶情報が整理されるだけでなく、体や脳の中溜まったゴミをお掃除をしてくれます。

睡眠時間は長ければよいというものではなく、ぐっすり眠るという質もとても大事です。

人生の3分の1は睡眠なので、パジャマや寝具にこだわってみると、睡眠の質が上がるかもしれません。

漫画やドラマで、眠たい目をこすりながら出勤する場面がありますが、実は睡眠不足の印だそうです。

睡眠の質を測定するアプリや時計もありますが、最も簡単な方法は『日中に活動的になれているか』がすぐにわかる指標になります。

 

ストレスケアが上手な人の特徴は?

ストレス解消の方法を5つご紹介しましたが、そもそもストレス解消をしようとしないとケアできません。

あなたは、いつのまにか、知らない間に大きなストレスを抱えていませんでしょうか。

ストレス解消が上手な人は、自分がストレスが溜まってきているか察知するのが上手です。

ストレスケアのタイミングを逃さないようにどんなことをすればよいかをご紹介します。

 

完璧主義になりすぎていないか振り返る

完璧主義はよく悪いことの特徴として様々なビジネスシーンで取り上げられるので、完璧主義はいけないもの、改善しなくてはならないものと考える人が少なからずいるようです。

しかし、自分の仕事ややらなければならないことをできるだけきれいに完遂したいという気持ちは、クオリティを上げるために必要なものだと思います。

ですので完璧主義の使いどころを抑えておきましょう。

・自分には難易度が高いかもしれないと感じながら、仕事をこなさなければならないと思っていませんか。
・期限がギリギリまで迫っているけれど、出来る見通しが見えていない状態ではないでしょうか。

できないものはどう頑張ってもできないので、期限や仕事の量や難しさについて、はやめにマネージャーに相談すると肩の荷が下りると思います。

 

無理をして頑張りすぎていないか振り返る

周りの期待に応えたい気持ちが優先され、ついつい疲れを感じつつも引き受けてしまったり、自分からやると言っていませんか。

疲れがたまってくると、体力が落ち、免疫力が下がって来るので、風邪などの病気にかかるリスクが増えてきます。

もしあなたが組織に所属して働いているのであれば、あなたの頑張りを見ている人は必ずいます。

そして、時には人に頼ったり、人に手伝ってもらうことで仕事自体が円滑に進むことが多々あります。

周りを頼ることも考えてみましょう。

・今やろうとしていることを行ったあと、あなたに体力は残っている状態になっていますか

 

苦手な季節ではないか、自分の環境に苦手なものはないか振り返る

意外と見落とされがちなことが、季節的なもの、環境的なもので避けようのない外的なストレスです。

例えば、春は花粉症の人は見た目ですぐに辛そうだとわかりますが、症状はでていなくとも体の中では免疫が戦っている状態かもしれません。

また、冬は主に日本海側で暮らしていると晴れる日が少なくなり、太陽の光を浴びる機会が少なくなることで気分が滅入る現象が見られます。

他に、仲の良い友人の環境の変化や職場の異動、卒業や入学などの環境の変化でもストレスを受けます。

5月病といわれるものは4月の環境の変化で疲れてしまってうまく回復できないときにおこるものです。

・慣れ親しんだいつもの様子と違っていたり、環境的に居心地がわるい時期だったりしませんか

 

まとめ

ここまで、どのようにストレスを解消すればよいかおすすめの方法を5つご紹介してきました。

ストレスを受けずに生活することは難しいので、いかにストレスをため込まないようにするか、ストレスを解消していくかが大切になります。

でも、ストレスをため続けてしまったり、疲れすぎていると、どうすればストレス解消できるのかわからなくなることはありませんか。

どのように対策したらよいかわからなくなったら、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました